スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「GANTZ」公開おめでとうございます♪

やっと、やっと、日本の多くのみなさんに、この素晴しい作品を
観ていただける日が来たのですねー。嬉しい!

前にも書きましたが、私は「GANTZ」は原作も読んでいないし、
男子モノと認識していて、観ないつもりだったのですがー。

映画を観てこんなに興奮したのは、たぶん小学生以来だと思う。
まだ純粋だった頃と同じように、単純にわくわくドキドキしたんだな~。

おこりんぼう星人=仏像っていうのも、個人的には大好物で(笑)。
な~んか、映画に1,800円も払えない、って常々思ってる(実際観ないし)けど、
この映画は、本当にそれだけのお金を払う価値がある、と、私は思う。

今日公開されて、みなさんはどんな感想を持たれるんだろう?
二宮さんが超カッコいい!とかはもう当たり前だから、それ以外の部分で
どう感じるのか知りたいな~。

28日の読売新聞夕刊に、「GANTZ」のことが紹介されていました。

写真は、おこりんぼう星人との戦いの後?横たわる加藤、そのそばで
星人の方を見ている玄野の劇中ショット。

記事には「原作の『絵』超える映像」と書かれています。
記事を書かれた(映画をご覧になった)方は男性のようですが、
「漫画の映画化は難しい。」と書かれた上で、「この作品は数少ない成功例の
一つではないか」と、おっしゃっています。
「映像が素晴しい」「アクションとしても見応えがある」「4月公開の第2部
への期待が膨らむ」と、高評価をされていますね~。
もちろん、GANTZスーツの格好良さ、夏菜ちゃんのスーツ姿のエロチックさ
にも触れていましたよ。

私が感じた興奮はやっぱり間違いじゃなかったんだな~、って、読んでいて
嬉しくなりました。

舞台挨拶の映画鑑賞券は見事にはずれちゃったので、今日はお家でおとなしく
公開初日をお祝いしたいと思います。

スポンサーサイト

翔くん、おたんじょうびおめでとう!

翔くん、29歳のお誕生日おめでとうございます

いつも、コンサート中のご挨拶(お話ししてくれる時)、
私は、翔くんのお話しがいちばんわかりやすくて、いちばん
ストレートに心に届いて、大好きです。

思っていることを、人に、言葉に乗せてうまく伝えるのって
本当に難しいと思う。(それができないと私みたいにダラダラ長い)

LIVEごとに、ちょっとずつ違うご挨拶を考えてるんだなー、って
いつも感心してるよ。

最近では、LIVEの中で、ちょっとイッちゃったような(笑)
表情もよく見せてくれるようになって、ますます大人の色気と魅力が
いっぱいの翔くん、嵐さんの中で、お母さんのような翔くん、
ZEROでの真剣なお顔の翔くん、英語を習っちゃう向上心ありありの翔くん、
どれも大好きで、これからも目が離せません♪

今年1年、翔くんにたくさんのHAPPYが訪れますように・・・

ダメ人間過ぎて驚く。

カウントダウンGANTZ、第一回からいきなり録画し損ね、もちろん
見逃しました・・・。

と、言うより、チャンネル変えたら最後の数十秒で。

何やってんだろう・・・。(涙)

この手の番組って、ブログめぐりしても、どんな感じだったか
つかむの難しいんだよなー。

もう、ファンやめた方がいいってことなのかもしれないな・・・
そんな気がしてきた。

(追記)
なげやり気味の私に、救済の手がさしのべられました・・・感謝感謝です・・・(涙)

やっぱりこの人好き。

「ひとつだけまだ知らない曜日があるってことだよ。」っていう発想・・・

前回の、ひよこさんを前に「マジでピヨピヨっていうんだね」って
言ったのもフツーじゃない、と、思ったけれど、はぁ・・・ 好きだぁ。

今日の「天才!志村どうぶつ園」での二宮さんのことです。

生まれて6日のダックスの赤ちゃんを見た時の「ママ頑張ったねぇ。」
とか、赤ちゃんをママの元に帰す(返す)時の「ママ、ありがとう。」とか、
普段、本当にわかりづらい人が、ああやって不意に優しさを出してくるのって
反則だなー。

ミルクを飲ませている様子を見ているあの顔!ホントに興味ある時って、
お口が開いちゃう傾向ありますよね~、二宮さん。かわいいなぁ~♪

そして、二宮さんがミルクを飲ませている時に気になったのが、指!
うわぁ~!小指が短っ♪って。だから何?って話なんですけど、
二宮さんって、何でも完璧だから、あまりにも遠い存在過ぎて、ちょっとでも
親近感が湧くようなとこ見つけたいの!(私が二宮さんに勝てるのは指の長さだけだなー。)

遠い存在で思い出した。話は変わりますが、雑誌「SWITCH」。
私にはちょっと難しいインタビューだったけれど、皆さんは興味深く
読んだのかなぁ?あぁいうのを読んでいると、本当に自分とは全く違う
世界にいらっしゃるのだと、ちょっと寂しくなっちゃうんですよねー。

少なからず、二宮さんも楽しんで撮影には参加されたのだと思うんだけど、
あんまり難しいお話しばかり聞いていると、全て計算し尽されているような
気がして、興醒めしてしまうし・・・。

「non-no」みたいに、明るくてわかりやすいのがいい。
松山くんとお互いを褒め合ってるばっかり、みたいな(笑)。
どうせ遠い存在ならば、とことん夢を見させてほしいんだものー。

何言ってんだろ?あ、そうそう、non-noに付録が付いてましたね。
キティちゃんのイヤホン。要らねー(←言葉使い^^;)。
かわいいっちゃあ、かわいいですけど、性能的には期待できない。
ホント、いつも言うけど、付録要らないから安くして~。

H(エイチ)3月号

めちゃくちゃ色っぽいよ・・・二宮さん。(><)

「GANTZ」を観た時、それはそれは興奮して、もう、映画本編以外は興味ない、
くらいに思っていて、オフィシャルブックにも手を出していない私。

でも今日、通り沿いの本屋さんでこの表紙を見てしまったらもう!
手に取らずにはいられなくて、めくってみたら、買わずにはいられなくて、
3冊お買い上げしてきました。(← いつでもやり過ぎな人)

大きなスクリーンで目にしてはいても、こんなにじっくりとGANTZスーツを
見るのは初めてで、デザインといい、質感といい、圧倒的にカッコいい。

そして、フォトストーリー、これ、私個人的には、ものすごくヒットです。
3冊でよかったんだろうか・・・と、今実際に思っているほどで。

玄野の、ガンに手をかけての膝立ちショット。

これに心を持って行かれました。「GANTZ」の世界がすごく表れた
なんていいショットなんだろう・・・って。二宮さんがただカッコいいだけじゃなく、
うまく言えないんだけど、映画を観たからこそ感じる感覚なんだと思う。

テキストページの玄野もいいですね・・・はぁ・・・。

立ち姿(後ろ姿)の、右足に体重がかかっている感じも、すごく好き。

ガンを構えて、こちらを睨んでいるような表情。はぁ・・・カメラに向かって
こんな表情できるって、なんなんだろう、このお方。(好き。)

テキストでは、ジャパンプレミアでの上映後の会場の様子を話して
くれていて、嬉しかったな。

私自身、あの時本当に興奮してしまっていたし、会場の雰囲気がどうとか
いうことは全くわからなかったから、
同じ空間に居た二宮さんが「会場全体にすごい高揚感があったから」って
言ってくれたことで、そうだったんだー、って、知ることができたし、
自分の高揚感もきっと伝わったんだろうな、と、思えたのも嬉しい。

そして、二宮さんの思惑通り「怖いとか気持ち悪い」って思った自分は
一応女子だったんだ、ってホッとしました(笑)。

撮影に臨む姿勢なんかのお話しも興味深かった。
「感覚的に言うと、本番で(普段の)スイッチを切る感じ」ってとことか。

あ、あと、撮影先の神戸から、自分ひとり東京に帰らなければならなかった
ことについて、
「家にも帰れるし、嵐のみんなとも会えるから、すごい好きだったんだけど」
ってお話しされていて。やっぱりそこかぁ~、君は。ってね。^^

「GANTZ」の記事目的で買ったら、翔くんの映画の記事も載っていて。
とっても微妙なヘアスタイルでびっくり。

H(エイチ)だけで3冊買ってしまったので、SWITCHとnon-noはネットで購入。
届くまでお預け。(雑誌は買わないようにしていたのにーーーーー。)

CM~♪

「10-11」Tour DVDのCMって、もう流れ始めてるんですね~。

ツアーが終わっての17日からのON AIR なのかしら?

しゃべくり007をたまたま録画していたら、最後~の方に入っていて。

もう、きゃあ~~~!!ですよ。大野くんの、テレビとは違う一面が
あんな風にカッコよくコマーシャルで全国の皆さんに見ていただけるとは、
実に嬉しいことですね。

相葉ちゃんはめっちゃかわいかったし、潤くんは誰だかよくわからないし(笑)、
翔くんはセクシーな感じがあんまり出てなかったし、二宮さんはかわいいけど
汗かいている感じがこれまた新鮮に感じたし、あぁ、もう!DVD買ったところで
絶対開封して観ることないんだろうけど、私、CMだけで結構満足。^^

残念ながらコンに参加できなかった人は、本当に待ち遠しいだろうなぁ~。

「10-11」ツアー、終了!!

嵐さん、お疲れ様でした~♪

19:15ごろかな?終了したのは。

でも、でもね・・・私個人の気持ちなので、他の方はどうかわからないけど、
こんなに盛り上がりに欠けた最終日って初めてな気がする。

長い長い、彼らが、一番見たい風景であるLIVEツアー。
最終日に彼らを最高の気分にさせてあげられなかったことが残念でならない。

もちろん、C&Rや嵐さんコールなどなど、ちゃんとやりましたとも。
でも、会場全体の雰囲気って、ホント日によって違うんだよなぁ・・・。

もしかして、また大宮ならぬニ井SKに会えたりするのかなー、なんて淡い期待を
抱いていたんだけど、何にもなかったなー。
今まで、リリース前の新曲聞かせてもらったり、サプライズバースデーに遭遇
したり、各公演地の最終日で贅沢を味わい過ぎたかな。

そんな気持ち(自分が盛り上がれなかった)なので、レポとか全然書く気がしなくて、
覚えていようとしてないから何にも書けない。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。